JR埼京線与野本町駅の「ずっと通わせない」整体院ライフ快療院与野本町店。さいたま市、大宮、北与野、与野本町、南与野、与野方面で産後の体の悩み、猫背、姿勢でお悩みの方。体の不調、肩こり、腰痛、シビレ、産後骨盤矯正、猫背、姿勢改善ならお任せください。

姿勢・猫背について 新着記事 自律神経失調について

自律神経の乱れ?姿勢と自律神経には関係性がある。

更新日:

こんにちは。

さいたま市与野本町「ずっと通わせない」整体院、ライフ快療院与野本町店の菊池です。

自律神経の乱れの原因として代表的なものは運動・食事・睡眠の三つがある。

しかし他に自律神経と密接的な関係がある原因があります。

それは姿勢。

自律神経と姿勢の関係性をまとめて見ました。

神経のしくみ

神経とは脳から体の各器官へと繋がっている。各器官とは循環器系、呼吸器系、筋骨格系、消化器系などである。

そして神経は大きく二つで、中枢神経と末梢神経に分かれている。

中枢神経

中枢神経とは脳から背骨の中を通っている神経で、体の全身に情報を送る司令塔的な存在です。

自律神経も他の神経もスタートはこの中枢神経です。

末梢神経

末梢神経は中枢神経から分かれて体の各器官へと繋がっていく道のようなものです。この抹消神経は更に二つになり自律神経と体性神経へと分かれるのです。

自律神経

自律神経とは呼吸機能、消化機能、循環機能、代謝機能など人が生きる上で絶対的に必要不可欠な機能を自動でコントロールしてくれる神経である。自分の意思とは無関係に作用する神経で、自分自身でコントロールはできない。

そして自律神経は二つに分類される。

それは交感神経と副交感神経である

体性神経

体性神経とは体に対する、痛みや物を触った感触などを脳に伝える知覚神経。

自分で手や足を動かそうとするために脳から指令を出す運動神経。

に分かれている。人間が痛みを感じたり、自ら手を動かしたり、歩いたりできるのはこの体性神経のおかげなのです。

自律神経とは?

自律神経とは体中に張り巡らされた神経の一つのことを言います。

上記で説明したように自律神経は交感神経副交感神経に分類される。

この二つの神経にはそれぞれ役割があります。

どちらも人が健康でいるためには必要不可欠なものになります。

交感神経の役割

①興奮状態

②体温を上昇させる

③血管を収縮させる

④筋肉を緊張させる

⑤血圧を上昇させる

副交感神経の役割

①リラックスさせる

②体温を下げる

③血管を拡張させる

④筋肉を弛緩させる

⑤血圧を下降させる


この交感神経と副交感神経がバランスよく働いている状態だからこそ、健康でいられるのです。

どちらか一方が優位に働いているアンバランスの状態は体にとってよくありません。どちらかが過剰に働きすぎれば、体が常に落ち着かない状態で、お互いの神経へのスイッチを入れれない事になります。よって寝つきが悪くなったり。イライラすることが増えたり、肩こり、腰痛が治らなかったり、集中が続かないなどの原因になるのです。

自律神経が乱れるとどうなるの?

自律神経が乱れると体にとってどんなデメリットがあるのでしょうか

①慢性的な肩こりや腰痛が治らない。

肩こりや、腰痛などが慢性的に長期に渡る場合。

それは自律神経の乱れが関係していることもあります。自律神経の乱れによって交感神経が活発になり常に筋肉が縮こまって緊張している状態になっている可能性があります。

②手や足が冷える

自律神経の乱れによって起こる代謝機能、循環機能の低下が考えられます。

人間は無意識に自身の体温を調整できる動物ですが、自律神経の乱れによって、代謝機能や循環機能が上手く働かなくなっていることもあります。

③便秘や下痢を繰り返してしまう

自律神経は内臓と密接な関係がある。

交感神経、副交感神経のバランスが乱れたことにより消化不良などの問題もおきます。

④寝つきが悪く、不眠気味

夜に中々眠れない。夜中に目が覚め、そこから眠れなくなる。朝がスッキリしなくて寝た気がしない。日中に眠気が襲ってくる。

こんな症状が長引く場合は自律神経の乱れの可能性があります。

⑤めまいや耳鳴りがする

自律神経の乱れによって、循環機能が低下してしまう。脳への血流量が悪くなり、めまいや耳鳴りの原因にもなる。


自律神経の失調による代表的な症状例を上げていきました。

当てはまるものはありましたか?

姿勢と自律神経の乱れの関係性

実は姿勢と自律神経は密接に関係している。

姿勢が悪いというのは骨格が崩れて背骨、骨盤が歪んでいるという事です。

神経の中心的に位置する各器官に指令を送る中枢神経。

この中枢神経は背骨に包まれ、守られながら背骨の中を通っているのです。

下の写真をみてください。ピンク色の部分が中枢神経です。

「神経のしくみ」のお話で説明したように自律神経の始まりは中枢神経です。

猫背・悪い姿勢は背骨が歪んでいるという事

猫背や悪い姿勢は体の土台である骨盤が歪み背骨が捻れていたり、過剰に前に倒れたり、後ろに反ってしまっている状態です。

歪みによって背骨の中で保護されて通っている中枢神経は歪んでしまった背骨に神経を圧迫され正常な働きができなくなります。背骨の歪みによって中枢神経→自律神経という流れに障害が生じるのです。

姿勢の歪みは呼吸機能の低下にもつながる

姿勢が歪み、猫背になる事によって肺に取り込める酸素量が減ってしまいます。酸素の取り込み量が減るというのは呼吸が浅くなっているという事。

呼吸機能の低下は交感神経が優位になっているので、自立神経の乱れの原因にもなるという事。

姿勢を整えることによって自律神経が整い健康に

姿勢を改善して自律神経を整えるメリット

慢性的な肩こり、腰痛、シビレの改善

姿勢が改善され自律神経が整ったことにより、各関節、筋肉にかかる負担が減り、慢性症状の改善になる。

呼吸機能の向上。酸素がしっかり体全体に取り込めるようになる。

前を向いて胸をしっかり張れるようになり、より多くの酸素が取り込めるようになります。脳から体全体へと酸素が行き渡り疲れにくい体、集中力の向上にもなる。

消化不良や便秘の改善。

骨盤内の内臓が正しい位置に戻り、各臓器が正常に働きます。結果として消化不良、便秘、冷えの改善、睡眠の質がより良くなります。

痩せやすい体になる。肌荒れやむくみなどの改善。

ダイエット効果の向上につながり、代謝機能が良くなり、体内の解毒作用も活性する。

人からの目線を気にしない。好印象を与えられる。

第一印象が良くなり、「やる気がある」「明るそう」「仕事ができそう」など好印象を与えて自分に自信が持てるようになります。

まとめ

自律神経が乱れている。と聞くとおそらく多くの方が精神的な問題を思い浮かべると思いますが、実際は猫背などの姿勢の歪みが原因で自律神経が乱れているケースが多いです。

自分が自律神経が乱れている事や原因の姿勢が崩れているという事に気づいている方はこの問題を解決するために姿勢の矯正をお勧めいたします。

姿勢を矯正することのメリットは沢山あるので姿勢が整った事によって生活習慣の改善にも積極的に取り組めるようになり食事・睡眠・運動の改善にも繋がってきますよ。

皆様が「心身ともに健康な体」になれるよう心からお祈りいたします。

アクセス・営業日時

住所

埼玉県さいたま市中央区本町東3-6-10 JR埼京線 与野本町駅 徒歩6分、本町通り円乗院の目の前です。

営業日時

月〜日9:30〜19:00 木のみ9:30〜13:30 土日、祝日営業してます。 不定休になるので、お休みは月はじめにお知らせいたします。

駐車場、駐輪場あり。キッズ、ベビースペースあり、お子様連れOK。

お問い合わせ・ご予約

ご不明な点がございましたら下記よりお問い合わせください。

お問い合わせ

予約

  • この記事を書いた人
菊池 遥介

菊池遥介

【氏名】 菊池遥介 【生年月日】 1992年4月23日 【出身地】 埼玉県さいたま市 【趣味】 読書、旅行、登山、キャンプ、ロードバイク 【資格】 帝京平成大学ヒューマンケア学部柔道整復学科卒業 柔道整復師(国家資格) 機能訓練指導員 かじた式骨盤矯正整体スクール全過程修了 一般社団法人日本カイロプラクティック徒手医学会正会員

-姿勢・猫背について, 新着記事, 自律神経失調について

Copyright© , 2019 All Rights Reserved.