JR埼京線与野本町駅の「ずっと通わせない」整体院ライフ快療院与野本町店。さいたま市大宮、与野方面で産後の体の悩み、猫背、姿勢でお悩みの方。肩こり、腰痛、シビレ、産後骨盤矯正、猫背、姿勢改善ならお任せください。

新着記事 産後について

産後の尾てい骨の痛み?!原因は産後の骨盤の歪みにあり!対処法と骨盤矯正のすすめ

更新日:

こんにちは。

さいたま市与野本町「ずっと通わせない」整体院、ライフ快療院与野本町店の菊池です。

産後は退院して待ったなしで育児がスタートします。体の回復が済んでいない状態での沢山のことをやる必要がありますね。

そんなお母様達のお悩みの一つに「尾てい骨の痛み」があると思います。

実際に私の院でも「座ると尾てい骨が痛い」といったお悩みの声も多く聞いています。

今回は、なぜ産後に尾てい骨が痛くなるのか、そして骨盤矯正の必要性をまとめていきたいと思います。

産後の体はどうなっている?

まずは産後の体がどうなっているのか知りましょう。

骨盤の歪み、開きがある。

骨盤の関節には仙腸関節と恥骨結合がある。

この関節が動きすぎていたり、反対に動かなくなりロックしている状態が産後の骨盤状態で、骨盤の歪みや開きと言います。

体の疲労感がある。

約10ヶ月間、お腹の中の赤ちゃんと共に頑張ってきたお母様達。

出産時にはかなりの体力を使い、ゆっくりできるのは産後一時で、退院後、育児と家事が始まりますね。

骨盤が歪んでの育児、家事は体にとってかなりの負担になります。

産後の育児と家事で体の不調がでる。

退院後に体の回復が完全でない状態での育児、家事。

産後の骨盤が整っていない体には大きなダメージへとなります。微々たるものでも蓄積されていけば体への不調へとつながります。

なぜ産後に尾てい骨が痛くなるのか

「座っているとお尻が痛い」「立ち上がる時にズキっとする」「仰向けで寝てると尾てい骨が痛い」「動作の動き出しで尾てい骨が痛い」なんてことはありませんか?

なぜ産後に尾てい骨の痛みが起こるのでしょうか?

それは以下の理由が考えられます。

①骨盤の歪みがある。

尾てい骨の痛みは仙腸関節の歪みと関係している。

通常、仙腸関節は強靱な靭帯で支えられているので、動きはさほどありませんが、出産時に「リラキシン」というホルモンによりこの関節は緩み産道を開げ赤ちゃんの通り道を作ってくれています。

産後の骨盤の歪みが原因で骨盤を前に傾けてしまったり、反対に後ろに傾けてしまうため尾てい骨が前に倒れすぎたり、後ろに倒れすぎたりと不安定です。

産後の骨盤の歪みによって尾てい骨に圧迫やグラつきが起こり痛みを起こすのです。

②妊娠前の体重に戻っていない。

妊娠前の体重に戻っていなければ、それも尾てい骨の負担となりますので、妊娠前の体重に戻す事が必要になります。産後の体はホルモンバランスの乱れや代謝機能の低下により痩せにくい状態になる場合があります。その場合は産後の骨盤矯正で改善することをオススメいたします。

③筋力の低下

妊娠中から出産までの期間で骨盤、背骨を安定させてくれる筋肉の力が妊娠中にお腹が膨らんだ事により低下してしまう。背骨や骨盤が不安定になるので、急に尾てい骨が痛くなるということもあります。

腹筋の筋力低下は尾てい骨の痛みの原因になるので少しづつ腹筋の強化が必要です。

④長時間の同じ姿勢

産後は外に出る事が減るかもしれないが、骨盤周囲の筋肉の筋力低下の原因になる。動かないという事も痛みの原因です。

散歩など適度に体を動かす事によってと血行不良の改善になり、老廃物や疲労物質が体内に溜め込みにくくなる。また、歩く事により骨盤周囲の筋肉に刺激が入り、骨盤の安定性を取り戻すことができます。

尾てい骨の痛みの対処

骨盤を安定させるために、骨盤底筋の強化が必要です。骨盤を締める運動で骨盤の安定性を取り戻しましょう。

育児、家事の際にお尻を閉めるように意識してみる

家事、育児の際にに背筋を伸ばしお尻を閉めるように力を入れる習慣をつけましょう。とはいえ、仕事中ずっとお尻を閉めているのは中々大変です。

朝の10分、午後の10分を2回など分けるようにやってあげると効果的です。

辛かったら初めは5分でもOKです。

タオルを丸め、おしぼり程のサイズにしてお尻の割れ目に挟むようにして座ってあげると、下からの刺激が加わりかなりサポートしてくれるのでオススメです。

内ももを意識してみる

家事、育児中(座っての作業)に、内ももを意識して両膝をお互いくっつけるように力を入れましょう。この時は椅子に浅く座り、膝と膝の間に本やタオルを挟んであげるなどしてあげて、落っこちないようにしてあげると意識しやすいです。

慣れてきたらだんだんタオルなどの厚さを薄くしていくと効果も大きくなってきます。

骨盤矯正で骨盤を安定させる

骨盤をしっかり安定させることで、尾てい骨の痛みは軽減し無くなるでしょう。前や後ろに傾きすぎていた骨盤が改善される事で、尾てい骨の安定性も改善されます。

他にも産後の骨盤矯正には以下のようなメリットがあります。

メリット

①筋緊張の緩和

骨盤が正しく整えば、歪んでいた仙腸関節によって過緊張していた筋肉も緩和し、腰痛の改善になります。

②骨盤が安定して日常の負担が軽減

骨盤矯正で骨盤が安定する事によって、抱っこ、オムツ替え、授乳時などによって負担となっていた動作が痛みもなくスムーズに行えるようになり、腰痛も徐々に改善していきます。

③ダイエット効果が上がり、産後太りも解消

骨盤が歪んでいた事によって生じていた代謝機能の低下、自律神経の不安定、ホルモンバランスの乱れが骨盤の矯正により整い、ダイエット効果も上がります。

まとめ

日常生活でどれだけ負担がかからないようにするか工夫する事が、ポイントになります。お尻を閉める癖をつけて骨盤の安定を保ちましょう。

痛みが出る前に、もしくは強くなる前に予防できる事は小さい事でも取り組んでおくことが大事になります。

小さい負担でも積もれば大きな負担に変わってしまいます。

産後の体は心身ともに不安定になります。

ホルモンバランスの乱れ、自律神経の乱れ、骨格の歪み、骨盤の歪みなど

痛みが長引いたり、改善がなかなか図れない場合は骨盤が歪んでいる事を疑った方がいいかもしれません。体の不調が続きます。焦らずに問題は一つづつ、確実に解決していきましょう。

アクセス・営業日時

住所

埼玉県さいたま市中央区本町東3-6-10 JR埼京線 与野本町駅 徒歩6分、本町通り円乗院の目の前です。

営業日時

月〜日9:30〜19:00 木のみ9:30〜13:30 土日、祝日営業してます。 不定休になるので、お休みは月はじめにお知らせいたします。

駐車場、駐輪場あり。キッズ、ベビースペースあり、お子様連れOK。

お問い合わせ・ご予約

ご不明な点がございましたら下記よりお問い合わせください。

お問い合わせ

予約

  • この記事を書いた人
菊池 遥介

菊池遥介

【氏名】 菊池遥介 【生年月日】 1992年4月23日 【出身地】 埼玉県さいたま市 【趣味】 読書、旅行、登山、キャンプ、ロードバイク 【資格】 帝京平成大学ヒューマンケア学部柔道整復学科卒業 柔道整復師(国家資格) 機能訓練指導員 かじた式骨盤矯正整体スクール全過程修了 一般社団法人日本カイロプラクティック徒手医学会正会員

-新着記事, 産後について

Copyright© , 2019 All Rights Reserved.