JR埼京線与野本町駅の「ずっと通わせない」整体院ライフ快療院与野本町店。さいたま市大宮、与野方面で産後の体の悩み、猫背、姿勢でお悩みの方。肩こり、腰痛、シビレ、産後骨盤矯正、猫背、姿勢改善ならお任せください。

新着記事 産後について

産後の膝や足の痛み!骨盤の歪みを整え悩みを解決!

更新日:

こんにちは。

さいたま市与野本町「ずっと通わせない」整体院、ライフ快療院与野本町店の菊池です。

産後から膝や足が痛いというママは多いようです。産後の悩みというと、「体重が戻らない」「腰が痛い」「尿もれ」「下半身太り」などがパッと思い浮かびますが、以外にも膝や足が不調で悩まれているママがいるという事です。

なぜ出産前はこんなことはなかったのに、産後から痛みが生じてくるのでしょうか。

産後の体の変化

まずは出産後の体の変化について知りましょう。

骨盤の歪み。

骨盤の関節には仙腸関節と恥骨結合がある。

この関節が動きすぎていたり、反対に動かなくなりロックしている状態が産後の骨盤状態で、骨盤の歪みや開きと言います。

体の疲労感。

約10ヶ月間、お腹の中の赤ちゃんと共に頑張ってきたお母様達。

出産時にはかなりの体力を使い、ゆっくりできるのは産後一時で、退院後、育児と家事が始まりますね。

産後の育児と家事で体の不調。

退院後に体の回復が完全でない状態での育児、家事。

産後の骨盤が整っていない体には大きなダメージへとなります。微々たるものでも蓄積されていけば体への不調へとつながります。


産後の体について代表的な例を上げていきました。

退院後に疲労感と骨盤が不安定なままでの生活がスタートし筋肉や関節に負担が蓄積されていきます。

生じてくるのは、膝や足首の痛み

なぜ産後に膝や足が痛くなるのか

出産前はこんなことはなかったのに、なぜ産後から痛みが出るのか。

骨盤の歪み、開きがまだ改善していない

産後は妊娠中〜出産までの期間で骨盤が歪み開きが生まれてきます。

出産時に赤ちゃんの通り道を確保するために、「リラキシン」と呼ばれるホルモンを分泌し、骨盤周囲の関節を緩ませます。

骨盤の関節が緩んだ事によって骨盤が歪み、開きが生じるという事です。

骨盤というものは、上半身と下半身のちょうど中間地点。体の土台と言えるところです。土台が崩れ、不安定な状態での生活は下半身の歪み(O脚やX脚)も作って、膝や足の関節に多くの負担をかけていきます。

体重の増加でまだ、妊娠前に戻っていない

産後の体重が妊娠前に戻っていない事も原因です。

産後は骨盤の歪みによって

・内臓の位置が下垂

・自律神経の乱れ

などの問題が起こります。二つの問題から

内臓機能の低下による消化不良や便秘。

代謝機能の低下でダイエット効果を下げたり。

などの原因になります。

膝には体重の約3倍の負担がかかっていると言われています。

育児・家事による膝、足に負担がかかっている

出産して退院後には待った無しで育児がスタートしますね。

そして育児により妊娠前以上に膝や足の関節に負担をかける事になります。

骨盤が不安定であればかかる負担も大きくなってきますね。

産後は育児で膝の曲げ伸ばしを繰り返す動きが多いです。

・オムツ替え

・抱っこ時に赤ちゃんを持ち上げる時

・寝かしつける時の上下左右の揺れ

・掃除、洗濯などの家事

ホルモンバランスの乱れ

産後のママは身体的にも精神的にも不安定な時期です。

妊娠中〜出産までは体の炎症を抑えてくれるホルモンが分泌されますが、産後はホルモンバランスの乱れが起きて、膝や足の炎症反応が痛みとして現れやすくなります。

骨盤の歪みと膝、足の痛みの関係性

骨盤との関係性をまとめると

①骨盤は体の土台で産後の骨盤は歪み、開いてしまっている。

②骨盤の歪み、開きは、下半身の歪み(O脚やX脚)などの原因

③産後は内臓の位置が下垂して、消化機能や代謝機能が低下してダイエット効果がでにくい。

骨盤が不安定な状態で、育児、家事により膝、足に負担がある。

体重の増加はかかる負担も大きくなるという事。

 

どれも骨盤の歪み、開きと繋がりがあります。

骨盤を整えるという事は体の土台を整えるという事。下半身も歪みも改善して、邪魔されていたダイエット効果も上がり、体重減少につながります。

日常の育児、家事での膝、足にかかる負担も骨盤が整い、体重の減少により減る。という事です。

取り組んだ方が良い事。

骨盤を支えてくれる筋力トレーニング

骨盤をしっかり支えてくれて、コルセットの変わりをしてくれる重要な筋肉があります。それは「大腰筋」です。

この大腰筋がしっかり作用する事で、骨盤の安定性をしっかりさせ膝、足にかかる負担を軽減させます。

生活で負担のかかる姿勢は工夫していく

膝や足にかかる負担を少しでも軽減するために、完全にしゃがみ込むような姿勢はできる限り避けたいです。床にあぐらをかいて座ったりなどの形は立ち上がる際に膝、足にかかる負担が増えます。できるだけ椅子などを利用して、座って立ち上がるときの負担を減らしていきましょう。

産後の骨盤矯正をする。

産後の骨盤矯正をする事で、体の土台を整え安定性を取り戻すことが大事です。痛みが長引いていたり、良くなったり、悪くなったりの繰り返しの場合はしっかり骨盤から矯正する必要があります。骨盤を矯正をすると、膝や足だけでなく他の体の不調も改善するので、

まとめ

産後の体の不調は膝や足の痛みだけではありません。痛みで育児や家事に支障を来たす事は精神的にもストレスになります。

体にとっても心にとっても悪循環なので、問題は小さいうちに取り除いていきたいところです。

今後の育児や家事、仕事復帰のことも考えると早めに対処した方がいいでしょう。

アクセス・営業日時

住所

埼玉県さいたま市中央区本町東3-6-10 JR埼京線 与野本町駅 徒歩6分、本町通り円乗院の目の前です。

営業日時

月〜日9:30〜19:00 木のみ9:30〜13:30 土日、祝日営業してます。 不定休になるので、お休みは月はじめにお知らせいたします。

駐車場、駐輪場あり。キッズ、ベビースペースあり、お子様連れOK。

お問い合わせ・ご予約

ご不明な点がございましたら下記よりお問い合わせください。

お問い合わせ

予約

  • この記事を書いた人
菊池 遥介

菊池遥介

【氏名】 菊池遥介 【生年月日】 1992年4月23日 【出身地】 埼玉県さいたま市 【趣味】 読書、旅行、登山、キャンプ、ロードバイク 【資格】 帝京平成大学ヒューマンケア学部柔道整復学科卒業 柔道整復師(国家資格) 機能訓練指導員 かじた式骨盤矯正整体スクール全過程修了 一般社団法人日本カイロプラクティック徒手医学会正会員

-新着記事, 産後について

Copyright© , 2019 All Rights Reserved.